東京のクリニックで目頭切開の施術を受けました

小学生のころからのコンプレックス

目頭切開が上手なドクター(名医)まとめ - NAVER まとめ

私の小学生からの悩みは、自分の目が小さいということでした。
そのことを突き付けられたのは、高学年の時のクラスの男子生徒に、おまえの目小さすぎて気持ちが悪い、ちゃんと見えているのかとからかわれたことがきっかけです。
それまではあまり自分の顔を気にしたことはありませんでしたが、その男子生徒と一緒に笑っている周りのクラスメイトたちの姿を見て、私は自分の目が他の人たちと比べて小さいのだということを知りました。
それからは鏡を見る度に悲しい気持ちになってしまい、次第に自分の顔を見ることが怖くなってしまったのです。
中学生になるとさらにコンプレックスは強くなり、人と接することさえ憂鬱になっていきました。
小学生に比べると中学生の方が、より外見にこだわりが出るようになるため、余計に他の人たちと自分を比べてしまったのです。
友人たちは休日になるとファンデーションやリップなどで薄いメイクを楽しんでいましたが、目が小さくて気持ちの悪い私にはメイクなんて無駄だ、メイクをしたらもっと悪目立ちしてしまうと思っていました、友人たちと自分は違うのだとすら感じて、おしゃれをすることももったいないことだと決め付けてしまい、自分の外見に全く自信を持つことができなかったのです。
高校生になっても悩みは尽きることはなく、さらに友人たちとの違いに愕然とする毎日でした。
この頃になると、美容整形を考えるようになっていました。
しかしながら学生の身分ではお金がなく、私が通っていた学校はアルバイトが禁止されていたのです。

小学生のころからのコンプレックス | 親には言えない悩みだった | 私は自分の人生を変えることができた