東京のクリニックで目頭切開の施術を受けました

親には言えない悩みだった

小学生のころからのコンプレックス | 親には言えない悩みだった | 私は自分の人生を変えることができた

親には顔のことで悩んでいることを、どうしても相談することができませんでした。
親に言ってしまえば、それは親をも批判することにつながると考えたからです。
そのため、どれだけ美容整形をしたいと望みながらも、お金を出してほしいと相談することはできませんでした。
大学生になると、私はアルバイトを掛け持ちをしてお金を貯めることに精一杯でした。
それと同時に、自分で美容整形クリニックを調べ始めました。
世の中にはたくさんのクリニックがあり、どこで施術を受ければ良いのかをきちんと調べなければいけないと思ったのです。
私が行ったことは、まずはインターネットを活用して、実際に施術を受けた人たちの口コミを確認することでした。
同じクリニックでも良い意見と悪い意見の両方があり、人それぞれの感じ方の違いを感じさせられました。
口コミだけを信じていても、そのクリニックが本当に自分に合うかどうかはわからないのだと思い、次に私が行ったことはクリニックでカウンセリングを受けることでした。
それからは実際にクリニックへ行き、カウンセリングを受けました。

推しと同じBMIまで体重落とせたら目頭切開して末広型から平行二重して東京に引っ越そうチョコ美味しいな
推しの目って日本人にしたら奇跡の切開と二重幅やねんな。
これは整形疑惑出ても仕方が無いわだって羨ましいもん pic.twitter.com/y8n7l0pn3I

— 😈 (@yaes15p) 2019年7月5日